"undefined" が含まれるブログ記事はありません
Powered by Algolia
カナダ・バンクーバーで、M/Mロマンスとか、BLとか

M/Mロマンス(海外BL小説)の『アドリアン・イングリッシュ』シリーズなら、悶えながら英語の勉強ができる

せっかくなので英語の勉強になりつつも、楽しめる洋書が読みたいなーと思って手に取った 『アドリアン・イングリッシュ』シリーズなんですがね、もうね、悶える。

今、2巻の途中まで読んでるんですが、もう何度ベッドでのたうち回ったか分からないくらい悶える。

日々モダモダしてるんですが、この熱い気持ちを話せる人が身近にいないので、もうブログに有り余る愛をぶつけていこうかと。

感想記事を公開していますので、よければこちらもどうぞ。

簡単に作品紹介

このシリーズ は、作家ジョシュ・ラニヨン(Josh Lanyon)さんによる「M/Mロマンス」という海外版BL的なカテゴリの作品で、M/Mロマンスの金字塔と言われるくらい代表的な作品なんだとか。

私自身、少女漫画などの夢物語っぽい恋愛作品(BL含む)は読まないので、海外のM/Mロマンスの方が嗜好にあってるのかもしれません。

あらすじ

LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの眼差しを向ける。調査に乗り出したアドリアンだったが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。彼の危機に飛び込んで来たのは!?それぞれの運命と向き合う男たちを描き上げたM/Mロマンスの金字塔、ついに刊行。Source : 天使の影 (アドリアン・イングリッシュ #1)

「本格ミステリ+ロマンス」って触れ込みだったんですがね、1巻だけでいうと、90%?95%くらいミステリだったよ。
いや、もちろんミステリは大好きなんですが、読めども読めども何も起こらなくて。
「本当にこいつらこの後くっつくのか?」
と思いながら、おかげで1巻の最後まで勢いよく駆け抜けてしまいました。

メインの登場人物

アドリアン・イングリッシュ

ミステリ専門の本屋を営んでいて、本人もミステリ小説を書いている。
青い瞳にダークカラーでちょい長めな髪型。色白。32歳。
私の中ではイギリス人俳優のBen Whishaw(ベン・ウィショー)で脳内再生されてます(瞳の色は違うけど)。

ジェイク・リオーダン

殺人課の刑事。長身でガタイもいい。金髪にヘーゼルの瞳。40歳。

1巻の1ページ目で2人が出会い、最終ページでようやくリオーダンのファーストネームを知る、っていう中学生より進展遅いよ君ら!と心の中で叫んだくらいスローペースな二人。
だがそこがいい。
そんな易々と「一目ぼれでした☆彡」ってくっつかれてもリアリティないしね。

舞台がアメリカなのもあって、キリスト教の影響もありホモフォビアも多い国なので、二人が苦悩しながらも惹かれ合っていく様子を辿れるのではないかと、ワクワクしております。

英語学習に最適

この作品を読みながら、英語学習の多読にも精読にも最適だなーって思ったんですよ。

  • ミステリだから早く犯人が誰か知りたくて、ページをめくる手が止まらない
  • 二人の関係がなかなか進展しなくて、ページをめくる手が(ry
  • 小説なので文語と口語どちらも学べる
  • 二人への愛のおかげで、新しい単語やフレーズが印象に残りやすい
  • 全然飽きない

海外在住+仕事で英語使う+パートナーとも英語で会話、な私ですが、それでも日々使う英語表現って限られてくるんですよね。

そんな時に、洋書を読むのってすごく有効なんです。

新しい単語やフレーズをインプットできる- 前に学習したのに忘れていた単語やフレーズを再確認して覚えられる

何より英語学習に必要なのは継続だと思うので、楽しくてしょうがないのが一番ですよね。

…と、割と真面目なことも言いましたが、次の記事からは原書からの引用も含めて、悶えポイントをどんどん紹介して行こうかな、と思います。

こちらが原書。それにしても、この表紙のイメージは何なんだろうか…。

ちなみに、モノクローム・ロマンス文庫から日本語翻訳版も出てますので、英語に自信がない方は、日本語と見比べながら読んでも楽しめますよ。

このブログが気に入ったら、
ジーナをサポートしてみませんか?

クリップボードにコピーしました

サポートはAmazonギフト券にて15円から受け付けています。上のメールアドレス宛にお送りください。詳しくはこちら »

Amazonギフト券でサポート
ジーナ

ジーナ

カナダ、バンクーバー在住。壇蜜に似てるとか、鞭が似合うとか言われますが、職業は女王様ではありません。M/Mロマンス小説とBLマンガがあれば生きていける。
質問や感想はこちら »サポートはこちら »

関連記事

人気記事

最新記事